読書

「シンクロちゃん」のように全てに「OK」が出せれば、どんな自分でも大丈夫!と思える

OK!

世の中にはプラスに考えられる人もいれば、マイナスに考え過ぎてしまう人もいます。

プラス思考はもちろん良いに決まっているのですが、どんな時でもプラス思考でいられるでしょうか?

マイナスに考えたらダメだと分かっていても、前向きになれない時もあります。

 

果たして、そんな考えをしてしまう自分はダメなのでしょうか?

今回は、「そんな自分でも良いんだよ」と思える本に出会ったのでご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • もっと自己肯定感を高めたい方
  • 自分を好きになれない、自信がない方
  • 落ち込んだ時にすぐにダメだと思ってしまう方

プラス思考?マイナス思考?

世の中にはプラス思考の人もいれば、マイナス思考の人もいます。

人によって考え方も違ってきます。

どんなことでも楽観的に受け止める人もいれば、考え過ぎてしまう人もいます。

 

私はどちらかというと考え過ぎてしまうほうで、プラスよりもマイナスの方に考えてしまうことがあります。

前よりも大分マシになりましたが、それでもいつでも前向きでいることは難しいです。

 

でも、プラス思考の人であったとしても、きっと前向きになれない時もあるんじゃないかな?と思います。

 

「シンクロちゃん」

偶然見つけた本なのですが、今まで読んだ本の中で、表紙にかなりインパクトがあります。

 

そのタイトルは、「シンクロちゃん―一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則」です。

 

著者は佐藤由美子さんという方で、ブログを書きながら現在はコンサルタントやセミナーで活躍されています。

漫画はしまだたかひろさんが描いていて、本や雑誌、フリーペーパーなどで活躍されています。

 

この本の結論から書いてしまうと、このようになります。

  • どんな自分でも認めてあげられるようになる
  • 認めているうちに、シンクロニシティが起きやすくなる

 

参考

《シンクロニシティ》
ユングが提唱した概念で、「意味のある偶然の一致」を指しています。

引用元 : Wikipedia

 

じゃあどうすれば、そんな風になれるの?

となるのですが、この本に登場してくるシンクロちゃんと一緒に一つずつ学んでいくことになります。

学ぶというほど堅苦しくなく、知っていくという感じでしょうか。

 

シンクロちゃんは、佐藤由美子先生ことサトユミ先生にアドバイスを受けながら、自分の本当の気持ちに気づいていきます。

レッスンは1から10まであり、漫画で具体的に書かれているので読みやすいです。

 

漫画部分のあとには文章で詳しく説明されているので、すんなりと頭に入ってきます。

それに10秒でできることなので、すぐにやってみよう!と思えます。

 

自分を肯定したくなる本

「シンクロちゃん」という本は前から知っていたわけではなくて、私が探していた本が売り切れになっていて、たまたま目に入ってきた本になります。

 

当初は読む予定のなかった本ですが、この本を読んでから、なんだか気持ちが軽くなっていきました。

前まではこんな考え方をしたらダメだと思っていたことでも、その考えを少しずつ認めてあげられるようになりました。

 

もちろん最初からすぐにできたわけではないし、一歩進んだかと思えばまた戻ったりもしています。

ただ、本当に思っていなかったとしても、そんな自分にもとりあえずOKを出してしまう、そうするとだんだん自己肯定感が高まっていきます。

 

ある悩みを持つ小学生

例えばなんですが、ある小学生の子がこんなことを思っていました・・・。

 

さくら
みんな逆上がりができるのに、なんで自分はできないんだろう?

と思っても、シンクロちゃんみたいに考えると、

できなくてもOK!
さくら

 

さくら
じゃあ、どうすればできるようになる?
できるようにしようとしている自分にOK!
さくら

 

さくら
練習してみる!
エライ!練習する自分にOK!
さくら

 

こんな感じで、ダメなことにも自分でOKを出して認めてあげると、気持ちが楽になっていきます。

時間がかかっても逆上がりができるようになった時は、もちろんOK!になります。

 

そしてここが大事なことなのですが、例え逆上がりができなかったとしても、そのことにもOKを出してしまうんです!

普通の考え方だったら、できなかったことに対しては、それはダメなことになってしまうのですが、この本の内容からすると、「OK!」になるんです。

 

なので逆上がりの例に少し補足すると、練習しようとして、練習ができなかったとしても大丈夫なんです。

練習しようとした自分にもOK!が出せて、「OK」のハードルはどんどん下げていくことができます。

 

実際に小学生の頃の私は、練習しても逆上がりができませんでした・・・。

でも逆上がりができなくても、大人になって特に困ったことはありません(笑)

これで、過去の自分にもOKが出せたことになるし、結果的には全てOKになりますよね。

 

詳しいことは本を読んでもらうと分かるのですが・・・、漫画になっているので、具体的にイメージがしやすいと思います。

 

終わりに

私はプラス思考の方が良いはずと今まで思っていたのですが、「シンクロちゃん」を読んでから、こんな考え方でも良いんだと少しずつ思えるようになりました。

 

自分を責めるよりも、どんな自分でも認めてあげることで、気持ちも楽になります。

楽しい時や嬉しい時だけでなく、悲しい時や怒っている時も、今の自分が感じていることを素直に認めることで、シンクロも起きやすくなります。

 

もしかしたら、自分の気持ちに余裕ができて、シンクロに気づきやすくなるのかもしれませんね。

シンクロちゃんみたいにできたら、どんな気持ちの時でも大丈夫!と思えそうです。

 

こんな風に考えてしまっても良いんだ!と分かるので、もっと楽に生きやすくなると思います。

 

-読書

error: Content is protected !!

© 2021 さく楽ろぐ