読書

「10秒ワーク」でもっと自己肯定感を高める!これからの未来に合った生き方とは

明るい光

ここ最近、時代の変化を感じることが多くありました。

今まで当たり前だったことが、少しずつ新しいものへと変わっていっています。

ネットが急速に普及して、在宅ワークやオンラインでの授業もネット上でできるようになりました。

 

時代の変化とともに、人の考え方も以前より自由になってきたと思います。

今回は、そんな時代の流れに乗れるような、もっと自分の気持ちを大切にした生き方のヒントになる本をご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • もっと自己肯定感を高めていきたい方
  • 自分の力を信じられない方
  • 人生につまずくことが多い方

うまくいっている人が自然にできていること?

前に、「シンクロちゃん」という本をこのブログでご紹介したことがあるのですが、その本の中に出てきた「ある本」が気になったので、読んでみることにしました。

 

「シンクロちゃん」について詳しくは、こちらをご覧ください。

 

今回読んだ本も、プラスになりそうなことが沢山書かれていました。

それは、「うまくいきそうでいかない理由」という本になります。

 

著者は佐藤由美子さんで、ご自身のコンサルタントによって、4,000人もの人生を変えていったという方です。

 

どんな人にも、人生っていろんなことが起こると思います。

その起こった出来事を繰り返していくうちに、どんどん成長していける人と、逆に何かが起こる度にうまく乗り越えられなくて、なんだか人生ってうまくいかない・・・などと思いながら過ごしている人もいます。

 

佐藤先生の本によると、人生がうまくいっている人というのは、「メタ認知能力」が高いそうです。

しかも、人生がうまくいっている人は意識しなくても自然にできていることなんだとか!?

 

《メタ認知能力とは》
アメリカの心理学者ジョン・H・フラベルによって用いられた言葉で、わかりやすく表現すると、自分をもう一人の自分が客観視してコントロールできる能力です。

引用 : 「うまくいきそうでいかない理由」より

 

じゃあどうすれば、メタ認知能力を高めたり、人生がうまくいくようになるの?

という話になるんですが、それは「たった10秒のワーク」を取り入れることでできるようになっていくようです。

 

10秒ワークを続けていると、だんだんとそのメタ認知能力が高まって、自分にとって良い選択をできるようになっていきます。

この10秒ワークというと、「シンクロちゃん」という本にも紹介されていたのですが、今回の本ではもっと詳しい内容が載っていました。

 

10秒ワークって何をするの?

10秒ワークって、具体的にはどんなことをしていくのでしょうか。

それは、自分の頭の中でほんの少し自分に意識を向けることでした。

 

《10秒ワーク》
①夜の自分から朝の自分に教える
②人生の分岐点にいる自分へ情報を教える

引用 : 「うまくいきそうでいかない理由」より

 

最初は「夜の自分が朝の自分に教える」ことから始める

最初にするのは、夜の自分がその日の朝の自分に、今日あったことを伝えていきます。

さくら
声は出さなくてもOKだよ。

 

今日あったことを振り替えって言葉にすることによって、できたことに対して改めて認識することができます。

そうすることによって、今の自分が過去よりも、どれだけ成長しているかに気づくことができるようになります。

 

続けることで、どうしたらうまくいくのかという選択肢が広がって、同じような失敗は繰り返さないようになるそうです。

潜在意識は過去、現在、未来の区別がつかないと言われているようで・・・、ということは、その潜在意識の特徴をうまく利用していることになりますよね。

 

確かに、人と比べて自分はできないと落ち込むよりも、過去の自分と比べて、少しでもできている自分を認めてあげられるようになったら、これから先の未来も良い方へ変わっていきそうです。

 

続けていくことが大事

著者の佐藤先生は、この10秒ワークを10年以上も続けられているそうです。

元々は自然にしていたことなんだそうですが、不安が大きければ大きいほど、この10秒ワークを続けていくと良いそうです。

 

慣れてくれば、夜の自分から朝の自分に限定しなくても、日常の中で10秒ワークができるようになってくるみたいです。

詳しい方法は、具体例を交えて本にも分かりやすく書かれているのですが、この①と一緒に、②の「人生の分岐点にいる自分へ情報を教える」こともやっていくと、さらに自己肯定感が高まっていくそうです。

 

もちろん大人だけでなく、子どもでもできるワークなんです。

子どもの場合は、大人よりいろんな先入観が少ない分、10秒ワークも受け入れやすく効果も出やすいみたいです。

さくら
大人でも続けていれば効果は出てくるみたいだよ。

 

自分以外の誰かから「こうした方がいいよ」、「ああした方がいいよ」と言われたことに対しては、なかなか行動を変えていくのって難しいですよね。

人から、特に親や自分に近い人から言われたことって、素直に受け入れられなかったりしますが、自分で決めたことは案外続けられたりします。

 

私は本を読んでから実際に「10秒ワーク」をやっているのですが、続けていくうちに、いろいろと気づいたことが出てきました。

ここで書くと長くなってしまうので、それはまた別の記事に載せたいと思います。

 

終わりに

本の中で大切なポイントの1つは、これではないかと思います。

自分で自分を認めること

これができるようになってくると、どんな状況の人の未来でもさらに拓けていくような気がします。

 

こちらの「うまくいきそうでいかない理由」という本は、これから先の未来に合った考え方を身に付けられる内容だと思います。

これからは皆同じではなく、人と比べることなく自分も他人も認めて幸せに生きていくという新しい生き方へ進んでいくのかもしれませんね。

 

私は「シンクロちゃん」の10秒スイッチでどんなことにもOKを出しながら、夜の自分が朝の自分に教えるというワークも続けてみようと思います。

10秒ワークで、今日はどんなことを自分に伝えるんだろうと考えると、ちょっとワクワクした気持ちになります。

 

この本の「10秒ワーク」が多くの人に広がっていったら、どんな人でも自分を味方につけることができるのではないでしょうか。

 

本の前半は心理学的要素が詰まっていますが、後半部分は具体的な事例も沢山出てくるので、実践もしやすいと思います。

気になった方は、ぜひ手に取ってみてください。

 

-読書

error: Content is protected !!

© 2021 さく楽ろぐ