おすすめ本

自分の心に素直に。好きな方を選んでいけば夢は叶えられる

夢を叶える

夢を叶える方法は、人によっていろんな方法があると思います。

たくさんの夢を叶えている方でも、やり方はそれぞれ違ったりします。

でも、共通しているのはたった一つ、

「こうなる!」と決めるだけでした。

しかも今の自分のままで、自分が心から好きな方を選んでいるだけで良いそうなんです!

そんな面白そうなことが書かれている『決めれば、叶う。』という本をご紹介します。

『決めれば、叶う。』

今回ご紹介する本は、浅見帆帆子さんとHonamiさんの共著になります。

お二人のコラボした講演会の内容が基になって、こちらの本が出来上がっていったそうです。

ご存知の方も多いと思いますが、お二人とも本を出版されていたり、YouTubeなどでも大人気の方々です。

私も本やYoutubeを参考にさせてもらっていて、お二人の素敵な笑顔が、見ているだけで元気をもらえます。

浅見帆帆子さんは、たくさんの本を出版されていて、特に『あなたは絶対!運がいい』は今もロングセラーとなっています。

Honamiさんは、『大丈夫!すべて思い通り。』を出版されて、こちらも大人気です。

こちらの本は、ブログでもご紹介しているので、良かったら覗いてみてください。

誰でもできる!潜在意識を知って、夢や目標を叶える

そんなお二人の共著ということで、どんな内容なんだろうと私も楽しみにしていました。

夢の叶え方のコツが分かる

結論から書いてしまうと、こちらの本を読むと、このようなことが分かります。

ポイント

  • 夢の叶え方のコツが分かる
  • 夢に近づくための過ごし方が分かる

たくさんの夢を叶えているお二人だからこその、実践方法注意点などが細かいところまで書かれています。

本の内容や文章から、帆帆子さんとHonamiさんの楽しそうな弾むような雰囲気が伝わってくると思います。

夢を叶えることに疲れてきてしまった方や、頑張ってるのに思うようにいってない方にもおすすめの内容です。

自分では気づかないうちにやってしまっていることが、もしかしたら見つかるかもしれません。

さくら
ほんとは、そんなに頑張りすぎなくていいんだよ。

楽しむことを忘れがち

お二人が実践している「本来の夢の叶え方」をまとめると、このようになります。

本来の夢の叶え方

  • 自分の好きな方を選択して、楽しく過ごしていたら、いつの間にか、あれもこれも叶っていた!

結構ありがちだと思うのですが、目の前のことに一生懸命になりすぎて、楽しむことを忘れていませんか?

私もそうだったんですけど、「~しなければ」という思いが先に立ってしまい、自分の気持ちを後回しにしていたことがありました・・・。

本の中にも書いてあるのですが、私達の社会は、家庭や学校の教育、世間一般として~してはいけない、~ねばならない、というのが多いですよね。

そう意識してなくても、実際にその通りに守ろうとしていたり・・・。

大切なのは「自分の心」を判断基準にして、「ワクワクしながら、楽しみながら過ごしていること」なんだそうです。

これを聞くと、なんだか安心しませんか?

だって、険しい茨の道を選ばなくて良いってことですよね。

さくら
自分の好きな方を選ぶ!だね。

夢の叶え方は、それぞれ違って良い

自分に合った選択

帆帆子さんもHonamiさんも、夢実現のプロとも呼べる方々です。

具体例や体験談を織りまぜながら、STEP1からSTEP5に分けて一つずつ解説してくれています。

解説というと堅苦しいですが、「こんなこともできるんだよ!」と教えてくれている感じでした。

そんなお二人でも、根本的なことは同じなのですが、夢の叶え方や引き寄せの方法はそれぞれ違いがあります。

本を読み進めていくと、自分のやりやすい方法があることがよく分かります。

ということは、私達にも「一人一人自分に合った方法がある」ということになります。

「夢と波長を合わせる」

夢と波長を合わせる

本の内容から少し抜粋して、ご紹介しようと思います。

例えばですが、STEP2の「夢と波長を合わせる」に出てくるHonamiさんの「リアルごっこ遊び」と、帆帆子さんの「ひとり妄想クラブ」というのがあります。

叶う前から、好きな女優さんになった気分や、すでに夢が叶ったかのように振る舞っていくというものです。

楽しそうな感じが伝わってきて、本を読みながら思わずニヤニヤしてしまいました。

さくら
そのくらいリアルにイメージできると良いんだね!

それと同時に、私は知り合いのことを思い出しました。

ある時、彼女から「タレントの〇〇さんが大好き」と話しているのを聞きました。

実はそれを聞く前から、「そのタレントさんに似てる・・」と思っていました!

本人が意識していなくても、好きなタレントさんを見ていることで、自然と雰囲気も近くなっていくことが証明されていました。

意識してそうなっているかのように過ごしていけば、もっと夢と波長を合わせやすくなるってことですよね。

「不要なものを手放す」

STEP3の「不要なものを手放す」の所に「テレビ」もありました。

お二人のテレビに関する考え方も違っていて、面白かったです。

  • Honamiさんは、テレビを手放す派
  • 帆帆子さんは、 テレビ手放さない派

分かりやすいように、勝手に~派とつけてしまいました・・。

帆帆子さんは、もちろんテレビの影響を知った上で、家族みんなで映画を観ることも大切な時間とされているそうです。

私はHonamiさんの本を読んで、テレビの影響が大きいことを改めて実感していきました。

意識的に距離を置くようになり、前よりもさらにテレビをつける日がだんだん減っていきました・・・が。

私もやっぱりテレビで映画を観たりしたいので、今の所は手放せないです。

さくら
映画もドラマも観たい・・

それぞれの環境や好みによって、必要なものになるんですよね。

終わりに

夢の叶え方とか潜在意識とか、今はいろんな情報がすぐに手に入るので、かなり浸透してきていると思います。

ただ、知っていてもなぜか思うようにいってないことがあったりします。

そんな時は『決めれば、叶う。』を開いて読んでみると、夢が叶う方へ軌道修正できるかもしれません。

私も良いところをどんどん取り入れていきたいと思います。

人生は選択の連続ですが、自分の好きな方を選んでいけるように、楽しく「ニヤリ」を増やしていきたいです。

-おすすめ本

error: Content is protected !!