楽天エコシステム

【楽天モバイル】楽天アンリミットのメリットとデメリットをレビュー!

スマホ

携帯電話代を安くしたいと思っている方は多いと思います。

楽天モバイルは、料金プランがとてもシンプルで楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)が出てきてからさらに分かりやすくなりました。

 

今回は、アンリミットに変えてから実際に使ってみて分かったメリットやデメリットをレビューします。

楽天アンリミットを検討している方は参考にしてみてください。

楽天アンリミット ファイブ(Rakuten UN-LIMIT V)について

最初に楽天アンリミット ファイブについてご紹介します。

Rakuten UN-LIMIT V

  • 月額3,278円(税込)
  • データ使い放題
  • 国内通話、SMS使い放題

2021年4月から、楽天アンリミットシックス(Rakuten UN-LIMIT VI)にアップグレードしています。

 

楽天アンリミット シックス(Rakuten UN-LIMIT VI)については、こちらをご覧ください。

携帯電話
【3ヵ月無料キャンぺーン中】楽天モバイルの新料金プランとは?料金プランを選ぶ時の2つのポイント

続きを見る

 

楽天アンリミット ファイブは月額3,278円(税込)

料金プランは1つだけで、月額3,278円(税込)です。

キャンペーン中は、1年間無料になります。

※現在、1年無料キャンペーンは終了になっています。

 

税込料金で計算してみると、3,278円×12ヵ月=39,336円が無料になります。

これだけの金額が無料になるのは、かなりお得ですよね。

 

1年間無料のキャンペーンが2021年4月7日に終了しましたが、4月8日から新たなキャンペーンが始まりました。

キャンペーンの内容は、3ヵ月無料とユニバーサルサービス料も3ヵ月無料になります。

 

キャンペーンの終了日は今のところ未定となっています。

楽天モバイルを検討されている方はこの機会に申込みをした方がお得だと思います。

 

楽天回線エリアはデータ使い放題

Rakuten UN-LIMIT V データ使い放題

出典元 : Rakuten Mobile

 

お住まいの地域が楽天回線エリアの場合、データは使い放題になります。 

パートナー回線エリアでも、データ容量は5Gあり、使いきっても1Mbpsで使い放題となります。

 

私もスマホをよく使っていますが、データを使いきってもYouTubeを普通に見れています。

パートナー回線でも、実際はデータ使い放題のように利用できています。

※追加情報として、楽天アンリミットシックスになってから、楽天回線エリアになりました。

 

楽天Linkアプリで国内通話もSMSも使い放題

楽天リンク 国内通話かけ放題

出典元 : Rakuten Mobile

 

楽天Linkのアプリを利用すると、通話もSMSも無料になります。

海外はデータ通信が2Gですが、使いきっても128kbpsで利用できます。

 

注意点としては、アプリを使っても有料になる番号があります。こちらは後ほどご説明します。

アプリを使わないで通話した場合は、30秒22円の料金がかかります。

 

楽天モバイルでは「ZERO(ゼロ)宣言」を打ち出しています。

契約事務手数料や契約解除料、MNP転出手数料などもすべて0円になります。

 

5Gの対象エリアは、現在(2021年4月時点)限定的ですが、4Gもそのまま使っていられます。

 

楽天アンリミットのメリットとデメリット

楽天モバイル

メリット

それでは、私が実際に使ってみた楽天アンリミットのメリットからご紹介します。

ココがおすすめ

  • プランが1つで分かりやすい
  • 料金が3ヵ月間無料(4/8~終了日未定)
  • キャッシュバックがある
  • 5Gに対応
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天ポイントで支払いができる

 

お得な料金プラン

楽天モバイルのメリットは、お得な料金プランです。

私は楽天モバイルを使う前は他のキャリアを利用していたのですが、携帯代に毎月1万円くらいかかっていました。

 

それから楽天モバイルの旧組み合わせプランにして、3,000円くらいに抑えることができました。

その組み合わせプランでも特に不満はなかったのですが、通話やデータ通信などを考えると、アンリミットに変えた方が結果的には月額料金が安くなりました。

 

使わなくなったスマホや古いガラケーを、お得に処分する方法もご紹介しています。

携帯電話
スマホの買取は簡単?申込み方法から入金までの流れを解説

続きを見る

 

キャンペーン中は3ヵ月間無料、キャッシュバックもある!

キャンペーンで毎月の携帯料金が3ヵ月間無料になり、ポイントでキャッシュバックもされます。

※現在は1年無料キャンペーンは終了していますが、3ヵ月無料キャンぺーンが新しく始まりました。

 

キャッシュバックキャンペーンは期間が決まっていますが、繰り返し行われているみたいです。

私も夏のキャンペーンの時に申込みをしましたが、新しい端末代も含めてかなり安くアンリミットに乗り換えることができました。

 

キャッシュバックでポイントを受け取るには?

キャッシュバックのポイントを受け取るために、以下のことが必要になります。

  • 楽天Linkアプリから発信をして10秒以上の通話
  • 同じくアプリからメッセージ送信

 

楽天モバイルに申込みをした翌月末までにそれぞれ1回以上利用すると、ポイントがキャッシュバックされます。

ポイントは、条件を満たした月の翌々月末日までに付与されます。

私は7月に申込みをして楽天Linkを使ったので、9月30日にポイントが入っていました。

 

キャンペーンによって条件も変わってくるので、詳しくは申込みをした時点の適用条件を確認してください。

楽天モバイルご利用の流れ

 

ポイントの倍率がアップ

こちらもメリットになると思いますが、楽天モバイルに契約していると楽天市場での買い物もお得になります。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)というポイントの倍率がUPする特典があるので、いつものように買い物をしてもポイントが貯まりやすくなります。

 

貯まったポイントは、携帯代の支払いに使うこともできるので、節約に繋がっていきます。

 

楽天の期間限定ポイントを楽天でんきやモバイルに使う方法はこちらをご覧ください。

 

デメリット

次に、楽天アンリミットのデメリットを挙げてみます。

ココがダメ

  • 通信環境が不安定な時間帯がある
  • 5Gへの対応エリアが限定されている
  • 通話料が有料になる番号がある

 

通信環境が不安定な時がある

デメリットは、お昼や夕方などの時間帯にネットが遅くなる時があります。

また、5Gに対応していますが、まだ使えるエリアが少ないので、対象地域に限定されてしまっています。

 

ネットが遅くなった時は、スマホを再起動するとつながりやすくなることもあります。

キャリアの中で、携帯代を安くしたい方や他にネット環境がある方は、楽天モバイルでもあまり不便を感じないと思います。

 

仕事で携帯を頻繁に使う方は、他のキャリアと比べてしまうと、通信環境の面では不便かもしれません。

ただ、楽天モバイルの通信環境がこれから整ってくれば、どちらも解決していくのではないかと思います。

 

アプリを使っても有料になる番号がある

楽天Linkアプリを使うと基本的には無料になるのですが、有料になる番号があります。

通話が有料になる番号

  • 0180から始まる番号
  • 0570 から始まる番号
  • 188/189の番号

 

終わりに

携帯電話会社のプランには、色々なプランがあります。

以前よりは安いプランが出てきたので、より一層選択肢が広がっています。

 

楽天モバイルは、ドコモ、KDDI、ソフトバンクに続いて第4のキャリアになりましたが、まだ通信環境の面で安定していない所もあります。

それでも、通話が無料で、データも実質制限がなく使えて、楽天ポイントも貯まりやすいです。

 

楽天アンリミットはメリットもデメリットもありますが、個人的には今のところメリットの方が上回っています。

将来的には5Gへの対応エリアも広がっていくので、これからもっと使いやすくなるのではないかと思います。

 

楽天モバイルの2021年4月から新しく始まった楽天アンリミット シックス(Rakuten UN-LIMIT VI)については、こちらをご覧ください≫【3ヵ月無料キャンペーン中】楽天モバイルの新料金プランとは?料金プランを選ぶ時の2つのポイント

 

携帯料金が高い!と思っている方は楽天モバイル も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

-楽天エコシステム

error: Content is protected !!