おすすめ映画・ドラマ

映画をおすすめする理由。映画から得られるものとは?

映画

皆さんは映画を観ていますか。

誰でも人気の映画だったり、テレビで放送された映画を観たことがあると思います。

 

私は、前はそんなに好きというほどではなかったのですが、今では映画が好きでよく観るようになりました。

こちらの記事では、私が映画をおすすめする理由や、映画を観ることで得られるものについてご紹介します。

映画をおすすめする理由

皆さんは映画をどういう時に観ますか?

・面白そう、楽しそうだから
・好きな俳優が出ているから
・好きな監督の作品だから
・たまたま誘われたから
・暇つぶしに・・・

など人それぞれですよね。

 

映画はどんな時でも観れますが、私はこんな時こそ観てほしいと思っています。

  • 何かにつまづいて立ち止まっている時
  • 悩みごとがある時

それはなぜかというと、映画を観た後で気持ちが軽くなっていたり、自分にとって心に響く言葉が見つかることがあるからです。

 

映画の上映時間はだいたい2時間くらいなので、自然と映画の世界に入り込めます。

私もよく映画の中のセリフが気になったりしています。
それは、もしかしたら今の自分に必要な言葉なのかもしれません。

 

映画から得られるもの

映画を観ることで、私は映画から得られるものが沢山あると思っています。

ここからは、いつも映画を観て感じている3つのことをご紹介したいと思います。

 

①自分の人生では経験できないような世界を知ることができる。

私は映画を観ると、その物語の世界に入り込んで観てしまう方なので、現実では起こらないことを主人公のすぐ近くで観ているような気持ちになります。

映画を通して、未知の世界を体験させてもらえるような感じです。

 

②映画を観ることで気持ちを切り換えることができる。

気持ちがモヤモヤしていて考え過ぎている時に映画を観ると、気分を変えることができます。

映画の世界にたっぷり浸ったら、いつの間にか気持ちがスッキリしていることがあります。

映画はストレス解消にもなるのではないでしょうか。

 

③映画を通して大切なことに気づける。

映画の中から伝えたいメッセージを受け取ったり、気になるセリフがあったりして、今の自分に必要なものを気づかせてもらえます。

このように言葉で書いてしまうと、少し硬い印象になってしまいますが、意識しなくても皆さんも自然に受け取っていると思います。

 

映画を好きになったきっかけ

ここからは、私が映画を観るきっかけになったことを書いてみようと思います。

元々はそれほど映画を観ることが好きというわけではありませんでした。

 

子どもの頃はテレビで放送されている映画を観たり、母に映画館へ連れて行ってもらったりしてアニメや動物映画を観ていました。

その頃は、好きで観るというよりテレビを見る感覚に近かったと思います。

 

映画を観ることが好きになったのは、あるきっかけになった映画があったからです。
今でも印象に残っている映画が2つあります。

 

授業で観たフランス映画「シェルブールの雨傘」

1つ目の印象に残っている映画は、授業の中で観た「シェルブールの雨傘」という作品です。

1964年のフランス映画で、監督はジャック・ドゥミです。

 

簡単なあらすじ

傘屋の少女であるジュヌヴィエーヴと自動車修理工のギイは、若い恋人同士でした。
ジュヌヴィエーヴは母親に心配されながらもギイとの幸せな恋を育んでいました。

そんな時にギイが遠くへ召集されることになり、長い間二人は離れてしまうことになります。
ジュヌヴィエーヴとギイの永遠の愛は叶うのでしょうか・・・。

 

「シェルブールの雨傘」は授業で観たので、フランス語の勉強がメインでした。

当時受けていた授業の中で、映画を観ながら語学の勉強をすることが、私にとって新鮮で毎回楽しみなものとなっていました。

 

その頃はあまり映画を観ていなかったので、ミュージカルということもインパクトが強かったです。

意外とミュージカルに抵抗がなかったので、授業中でも眠くならずに観ることができました。

ちなみにこの映画の中の歌は吹き替えだそうです。

 

私はこの映画で、初めてカトリーヌ・ドヌーヴを知り、その美しさにも見取れていました。

2016年に日本でも公開された映画「神様メール 」には、ゴリラと恋をする主婦の役でも出演しています。
こちらでも、歳を重ねた彼女のまた違った魅力が観られます。

 

「シェルブールの雨傘」は名作として有名なので、年代を問わずに人気のある映画です。

 

友達と観に行ったイギリス映画「オルランド」

もう1つ印象に残っているのは、友達と観に行った「オルランド」という映画です。

1992年のイギリスの歴史ファンタジー映画で、原作はヴァージニア・ウルフの「オーランドー」です。

 

こちらは映像化が難しいと言われていたにも関わらず、監督のサリー・ポッターが独自の感性で作り上げてしまったという作品です。

 

簡単なあらすじ

貴族のオルランドは、永遠の若さと命をエリザベス1世に与えられ、不老不死の身となります。

オルランドはその身で、400年もの間を生き続けることになります。
その間に男性から女性へと変わり、様々な経験をしながらも自身の道を歩んでいきます・・・。

 

実は、1回観ただけではあまり理解できなかったので、2回続けて観ることにした映画でもあります。

1回目を観た時に、

さくら
なんか、分からなかったね・・・
もう1回観ようよ!
はな

と友達と話した記憶があります。

 

オルランドは長い間生き続けているので、途中から時代が変わっていきます。

現実世界ではありえない話なのですが、自然に話は進んでいるので、「あれ?いつの間にか時代が変わってる?」という風になります。

2回目を観て、ようやく全体像が見えてきました。

 

当時の時代背景など、様々な内容が詰め込まれた作品なので、おそらくこういったことを表現するのが、映像化が難しいと言われた理由の1つなのかもしれません。

この映画に使われている衣装も綺麗で、異世界の雰囲気に引き込まれます。

 

オルランドを演じているティルダ・スウィントンは、「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」の白い魔女役でも出演していました。

彼女のオルランドには不思議な魅力があり、白い魔女役でも美しさが際立っていました。

 

映画にハマる

先程ご紹介した2つの映画は今でもよく覚えているので、この頃から映画を観ることが好きになっていったんだと思います。

当時は月に何度も映画館に行ったり、レンタルショップでも沢山映画を借りて観ていました。

 

最初の頃は洋画も邦画も観ていたのですが、だんだんと邦画を観ることが多くなりました。
映画を観ているうちに、自分の好きなものが分かるようになってきたんですよね。

 

邦画は映像と同時に日本語でダイレクトに伝わってくるので、物語の世界に入り込みやすいです。

映画作品の中には、

  • 雰囲気で感じ取る
  • 観ている側に委ねる

といったものがあります。

自分なりの受け止め方で解釈できるのも面白いです。

 

終わりに

これまでご紹介してきたように、映画は楽しい時に観ても良いのですが、暗い気分の時や落ち込んでいる時にもおすすめです。

映画を観ることで、元気をもらえたり、笑わせてもらえたり、感動したり、色んな感情が出てくることで、いつの間にか気持ちも変わってくると思っています。

 

映画は好きなように観るのが一番ですが、「この作品が伝えたいことは何だろう?」とか「気になる言葉が見つかる?」など、少し視点を変えて観るのも面白いと思います。

 

こちらのブログでは、私が観てきたおすすめ映画やドラマをご紹介しています。

邦画が中心でヒューマン系が多いのですが、気軽に観られるものからメッセージ性の高いものまであります。

 

なるべくネタバレしないようにしていますが、ネタバレする時は前もって分かるように書いています。

簡単なあらすじや見どころを紹介しているので、作品を選ぶ時の参考にしてください。

 

▼こちらからおすすめの映画やドラマの一覧が見られます▼

映画・ドラマ

 

▼おすすめの動画配信サービスはこちら▼

おすすめ
Amazonプライム
【Amazonプライム】映画・音楽・本が好きな時に楽しめる!

続きを見る

 

-おすすめ映画・ドラマ

error: Content is protected !!