読書

楽天Koboはおすすめ?自分に合った電子書籍や電子書籍リーダーの選び方

電子書籍

「電子書籍って気になるけど、電子書籍リーダーとかってどうやって選べばいいの?」

と思っている方はいませんか。

 

私も紙の本が好きなのですが、前から電子書籍には興味がありました。

ですが・・・ついに、電子書籍にしてしまいました!

 

この記事では、楽天Koboがおすすめな方や、自分に合った電子書籍リーダーの選び方、お得な購入方法などをご紹介します。

私は「Kobo Libra H20」という電子書籍リーダーを使っているので、こちらを例にして分かりやすく解説していきたいと思います。

 

電子書籍が気になってるけど、「どれを選んだらいいのか分からない」という方は参考にしてください。

こんな方におすすめ

  • 楽天Koboの電子書籍が気になっている方
  • 電子書籍リーダーの選び方に迷っている方
  • 電子書籍リーダーの購入を検討している方

本はどこで買うことが多い?

電子書籍というとアマゾンのKindle(キンドル)が有名ですが、楽天にもKobo(コボ)があります。

私も最初はKindleを検討していたのですが、本を買うのは圧倒的に楽天の方が多かったことに途中から気づいてしまいました。

 

電子書籍リーダーについても、Kindleはアマゾンで買った電子書籍Koboは楽天で買った電子書籍しか読めないので注意が必要です。

どちらで本をよく買っているかで決めると、選ぶ電子書籍や電子書籍リーダーも自然と決まってくると思います。

 

そうなると楽天をよく利用している方は、Koboの電子書籍がおすすめと言えますよね。

ちなみに、KindleもKoboも両方利用しているという方も、結構多いみたいです。

 

楽天の電子書籍リーダーの選び方

ここからは楽天Koboの電子書籍リーダーの選び方についてご紹介します。

 

楽天の電子書籍リーダーは、5種類(2021年6月現在)あります。

楽天Koboの電子書籍リーダー

出典元 : Rakuten

 

こちらは、Kobo Elipsaを除いて本体のみの価格となっています。

  Kobo Elipsa Kobo Forma Kobo Libra H2O Kobo Clara HD Kobo Nia
価格 46,990円(税込) 34,980円(税込) 25,080円(税込) 15,180円(税込) 10,978円(税込)
ディスプレイ 10.3インチ 8インチ 7インチ 6インチ 6インチ
メモリ容量 約32GB 約32GB 約8GB 約8GB 約8GB
バッテリー時間 数週間 数週間 数週間 数週間 数週間
重さ 383g 197g 192g 166g 172g
防水機能

※スマホ画面では、右にスクロールして見ることができます。

 

普段の読書量

スペックや価格の違いはありますが、普段の読書量で決めていくと、電子書籍リーダーも絞られてくると思います。

内臓メモリの容量が、Kobo ElipsaとKob Formaは約32GBで、Kobo Libra 、Kobo Clara、Kobo Niaは約8GBとなっています。

 

32GBでは、本は約28,000冊、漫画は約700冊を電子書籍リーダー1台の中に保存しておくことができます。

8GBでは、本は約6,000冊、漫画は約150冊になります。

 

読書量がものすごく多い方や漫画を読むことが多い方は、もしかしたら8GBでは足りなくなってしまうかもしれませんよね。

 

本を読む場所

次に、生活の中で本をどこで読むことが多いかを意識してみるといいと思います。

例えば、お風呂で本を読むという方は防水機能があった方がいいですよね。

 

通勤中に読むことが多い方は、とにかく軽い方がいい!と思っている方もいるかもしれません。

持ち運びもするし、鞄から出し入れもするので、カバーをつけて使いたいと思っている方もいると思います。

 

こんな風に本を読んでいる自分をイメージすると、どんな機能の電子書籍リーダーが必要なのかも分かってくると思います。

身近で使うものなので、気に入ったデザインのものを選ぶことも個人的にはおすすめします。

 

選んだのは「Kobo Libra H20」

私はKobo Elipsa、Kobo Libra、Kobo Claraなどで迷ったのですが、最終的に「Kobo Libra H20」にしました。

Kobo Libra H20

 

Kobo Elipsaは読むだけでなく、メモ書きもできるのでいいなと思ったのですが、それほど沢山本を読んでいるわけでもなかったので、8GBの容量でも充分な気がしました。

 

私は家で読むことが多いのですが、カバーがセットになっているものにしました。

普段、スマホを落としてしまうことがあるので、電子書籍リーダーにも最初からカバーが必要だと思っていました。

 

機能的にはKobo ClaraやKobo Niaでも良さそうだったのですが、・・・最初に見た時からKobo Libra H20はデザインも良くて、ホワイトカラーが選べるのも気に入ってしまいました。

 

今のところKobo Libra H20だけがホワイトを選べるので、やっぱり女性にも人気があるみたいです。

カバーの色もグレー、ローズ、アクア、ブラックといった種類があります。

 

カバーと保護フィルムは必要?

楽天Kobo カバー

カバーや保護フィルムについても、あった方がいいのか迷う方もいると思います。

電子書籍リーダーは本体だけのものと、カバーがセットになって売っているものがあります。

 

先程と同じように日常の中で使う場所や使い方によって、カバーが合った方がいいのか、なくてもいいのかが分かってくると思います。

私のようにスマホを落としがちの方はカバーがあった方が安心かもしれませんね。

 

逆に、カバーをつけないでそのまま身軽に使いたいという方もいると思います。

重さにも多少の違いが出てくるので、この辺りもカバーをつけるかつけないかの基準になってくるのではないでしょうか。

 

本体とカバーをつけた時の重さ

本体だけの重さとカバーをつけた時の重さを実際に量ってみました。

 

本体だけだと188gでした。

公式の表示よりもほんの少し軽かったので、多少の個体差があるみたいですね。

本体の重さ

 

カバーをつけると303gになりました。

カバーつきの重さ

 

確かに持った感じも、カバーがない方が軽いです。

でも、カバーをつけて重すぎるという感じもなかったです。

 

カバーが便利だと思ったのは、「スリープ機能」がついていることです。

 

読んでいる途中でもカバーを閉じれば、電源を落とさなくてもそのままスリープ状態になります。

カバーを開ければ、また続きからすぐに読むことができます。

 

カバーを折りたたんで、スタンドのように立てて使うこともできます。

カバーでスタンド

 

これなら手で持たなくても、本が読めますよね。

カバーでスタンド

 

保護フィルム

ブルーライトカットフィルム

電子書籍リーダーは、ブルーライトが抑えられているので、目の負担も軽減される作りになっています。

なので、そのまま使っていてもいいのかもしれません。

 

私は普段メガネをかけているので、目のためにもブルーライトカットのフィルムを貼りました。

あと、画面に傷がつかないようにするためでもありますね。

 

電子書籍&電子書籍リーダーをお得に買う方法

どちらにも共通しているのが、楽天のセール期間中5と0のつく日に買うと、通常価格よりもお得に買うことができます。

楽天Koboには、初めて購入するという方にお得なキャンペーンやクーポンが用意されています。

 

スタートボーナスチャンス

楽天で初めてのサービスを利用する時におすすめなのが、スタートボーナスチャンスです。

ご存知の方も多いと思いますが、エントリーしてから利用すると、もれなく1,000ポイントがプレゼントされます。

スタートボーナスチャンス

出典元 : Rakuten

 

エントリーは月ごとにする必要があり、楽天Koboの利用では2,000円(税込)以上の購入という条件があります。

 

最大2,000円OFFクーポン

こちらは電子書籍を初めて購入する方が使えるクーポンです。

最初にエントリーする必要があります。

100ポイントプレゼント

 

ポイントのプレゼントと、さらに最大2,000円OFFになるクーポンもあります。

最大2,000円OFFクーポン

画像の出典元 : Rakuten

 

クーポンの詳細

  • 2,000円以上で400円OFFクーポン
  • 4,000円以上で1,000円OFFクーポン
  • 6,000円以上で2,000円OFFクーポン

クーポンの内容をみると、まとめ買いの方がお得になります。

 

こちらのクーポンには、使う時の注意点もあります。

クーポン使用時の注意点

  • 無料作品をダウンロードすると対象外
  • 1,000円、2,000円OFFクーポンの使用とスタートボーナスチャンスの併用は不可

 

私は読みたい本をお気に入り登録しておいて、2,000円OFFクーポンを使いました。

初めて電子書籍を買う場合は、少しずつ買うよりも何冊かまとめて買ったほうが割引も高くなります。

 

レディースデー&メンズデー

毎週水曜日はレディースデーで毎週木曜日はメンズデーとなっていて、最大25%のクーポンがあります。

クーポンの詳細

  • 3,500円以上で15%OFFクーポン
  • 5,000円以上で20%OFFクーポン
  • 10,000円以上で25%OFFクーポン

 

他にも楽天Koboは、セール期間中に電子書籍が半額以下になっていたり、いつもの価格より安くなっていることもあります。

 

電子書籍リーダーの割引

こちらはクーポンというよりも、セール期間中に安くなっていることがあります。

私もKobo Libra H20を買う時に、通常価格から2,200円も割引されていました。

 

他の機種も割引されているのを見たことがあるので、買いたい商品をお気に入りに登録しておいて、安くなるのを待ってから買うのもおすすめです。

 

楽天のセールは、買い物をするお店の数が多い程、ポイントの倍率も上がっていきます。

セール中に普段の買い物をしながら、電子書籍リーダーもその時に買うと、もらえるポイントも増えていきます。

 

他にもお得なキャンペーンが開催されていることもあるので、買い物前にエントリーできるものはないかチェックしてみてください。

 

終わりに

電子書籍リーダーを手に取ったことがある方は分かると思いますが、コンパクトで薄くて軽いことにまず驚きます。

その中に数千冊もの本が入ると思うとなんだか不思議な感じがします。

 

特に楽天Koboの電子書籍は、楽天を普段から利用している方に向いています。

電子書籍リーダーの選び方も、いつもの読書スタイルを思い出すと、どれを選べばいいのか自然と絞られてくるのではないでしょうか。

 

電子書籍を初めて購入する方には、割引率の高いクーポンがあります。

是非エントリーして、クーポンもゲットするのを忘れないようにしてください。

 

電子書籍リーダーも通常の価格で買ってしまうともったいないかもしれません。

楽天のセール期間中に安くなることがあるので、その期間中に購入するのがおすすめです。

 

-読書

error: Content is protected !!