株式投資

【おすすめのネット証券】初心者にも使いやすい楽天証券のメリットと特徴

楽天証券は、ネット証券の中でも使いやすい証券会社です。

年代や性別を問わずに人気があり、投資で楽天ポイントを貯めたり、使うこともできます。

私が初めて開設したネット証券も楽天証券でした。

 

実際に使ってみて良かったので、楽天証券のメリットや特徴をご紹介します。

楽天証券について詳しく知りたい方は参考にしてください。

楽天証券について

楽天証券は、楽天市場を運営している楽天株式会社の子会社になります。

楽天は、ショッピングモールの他にも旅行、クレジットカード、銀行、電子マネー、保険などの様々な事業を幅広く展開しています。

 

楽天グループは日常的に使われていることが多いので、楽天証券はその生活の中のサービスの1つとして選ばれやすくなっています。

投資家に向けたサービスも充実していて、口座開設数は年々増加しています。

 

メリット

楽天証券は、証券口座を初めて開設される方や他の証券口座をお持ちの方でも利用しやすく、沢山のメリットが受けられます。

 

楽天証券の主なメリットを挙げてみます。

楽天証券のメリット

・初心者にも使いやすい

・取引手数料が安い

・ハッピープログラム&マネーブリッジがお得

・ポイントが貯まる

・ポイント投資ができる

・PTS取引ができる

・「楽らくサポート」が無料など

 

楽天証券の特徴

楽天証券の特徴をポイントを絞ってご説明していきたいと思います。

 

取引手数料が安い

楽天証券の取引手数料はネット証券の中でも安く設定されています。

手数料に関しては安い方がいいので、それも楽天証券の人気の理由の1つになっています。

 

こちらは、1つの注文に対して手数料がかかる「超割コース」の現物取引と信用取引の手数料の一覧表です。

手数料の1%はポイントバックされます。

楽天証券の現物取引手数料

出典元 : 楽天証券

 

一日に何度も取引をする場合は、「いちにち定額コース」を選ぶと取引金額の100万円までが0円になります。

 

マネーブリッジとハッピープログラムの特典

口座開設をしたら、マネーブリッジハッピープログラムに申込むことをおすすめします。

 

この2つに申込むと、お得な特典を受けられます。

《マネーブリッジの特典》

  • 楽天銀行の普通預金金利が0.10%
  • 楽天銀行と楽天証券の自動入出金の手数料が無料
  • 取引に応じて楽天ポイントが貯まる

 

《ハッピープログラムの特典》

  • 国内株式の取引や投資信託の保有などでポイントが貯まる
  • 楽天銀行のATM手数料が最大7回無料
  • 同行間での振込手数料が何回でも無料

 

申し込み方法も簡単です。

申込み手順

①楽天証券と楽天銀行の口座開設
     ↓
②マネーブリッジに申込み
(楽天銀行にログイン)
     ↓
③ハッピープログラムにエントリー
(楽天銀行にログイン)

 

こちらの特典を受けるには、楽天銀行の口座も開設しておく必要があります。

 

楽天証券を開設する時に楽天銀行の口座も同時に開設することができるので、口座をお持ちでない方は一緒に開設しておくと便利です。

 

ポイントが貯まる

国内株式の手数料コースを「超割コース」にすると、取引手数料の1%がポイントで戻ってきます。

「超割コース 大口優遇」コースの場合は、手数料の2%がポイントで戻ってきます。

 

貯まったポイントは投資にも使えますし、買い物や楽天グループのサービスで使うこともできます。これは、他の証券会社にはない特徴とも言えます。


こちらは、現物取引の手数料ごとに戻ってくるポイントの早見表になります。

楽天証券・取引手数料のポイントバック早見表

出典元 : 楽天証券

 

表をみていただくと分かると思いますが、取引金額によって、獲得できるポイントも変わっていきます。

 

ポイント投資ができる

楽天証券の特徴は、ポイント投資ができることです。

 

例えば、↓こんな風に思っている方でもポイントを使って投資を始めることができます。

ポイント投資

  • 初めから現金を使うのが心配
  • 現金を使わないで投資体験をしてみたい
  • 損をしないで株式投資を始めたい
  • 楽天ポイントを有効活用したい

 

ポイント投資は楽天ポイントコースに設定することで、国内株式や投資信託にもポイントが使えます。

こちらのコースには、「楽天ポイントコース」と「楽天証券ポイントコース」の2つがあります。

 

楽天ポイントコースにすると、SPU(Super Point Up Program)の対象になるので、楽天市場で買い物をするとポイント+1倍になります。

ただ、投資信託で月に1回500円分以上のポイント投資することが条件となっています。

 

PTS取引ができる

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略で私設取引システムという意味になります。

通常の取引時間外の取引で、証券取引所を通さないで株式の売買ができます。

 

楽天証券では、日本で運営されている2つのPTS(Chi-XとJNX)に直接注文ができます。

参考

・Chi-X(チャイエックスPTS)→チャイエックス・ジャパン株式会社が運営

・JNX(ジャパンネクストPTS)→SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営

 

取引時間は通常の時間だと、前場の9:00~11:30と後場の12:30~15:00までとなっています。

《楽天証券のPTS取引》

・日中取引 8:20~16:00

・夜間取引 17:00~23:59

 

このPTSの時間があると、仕事をされている方でもお昼休みの時間や帰宅後にも取引がしやすくなります。

 

終わりに

楽天証券は、これから株式投資を始めようとしている方や楽天を利用している方にもおすすめできる証券会社です。

他のネット証券を利用している方でも、2つ目、3つ目の口座としても使いやすいと思います。

 

私は楽天証券を開設したばかりの頃は見方も使い方も分からなかったのですが、慣れてくると一番使いやすいネット証券となっていました。

普段はスマホで取引ができるアプリの「iSPEED」を使っていますが、パソコンからは「マーケットスピード」も利用しています。

口座開設も無料で簡単にできるので、まずは開設から始めてみても良いと思います。

 

-株式投資

error: Content is protected !!

© 2021 さく楽ろぐ