株式投資

貸株で金利を得る!貸出す時の3つの注意点

皆さんは、持っている株をどうしていますか?

優待目的で買った株もそのまま持っているだけですか?

株式投資には、色々な運用の仕方があり、株は貸出しをして金利をもらうことができます。

ただ、貸出す時の注意点が3つあります。

今回は、貸株サービスについてご紹介します。

貸株サービス

貸株サービスは、保有している株を証券会社に貸出すことによって金利が得られるサービスです。

買った株を普通に持っているよりも、多少でも金利がつくのはメリットといえます。

 

私が聞いた話では、金利優先や優待優先など、貸株のコースを選ぶことができるみたいです。

そこで、貸株サービスについて調べてみたので、楽天証券を例にしてご説明します。

 

金利優先

権利確定日に自動返却をしないで、継続して株を貸出します。

権利確定日の金利は通常の5倍となり、配当金は配当金相当額として入金されます。

権利確定日

株主として、配当や優待を得られる権利が確定される日のことです。

 

株主優待優先

優待の権利確定日に自動的に株が返却されて、優待を受け取ることができます。

優待がない場合は、配当金が配当金相当額として入金されます。

 

株主優待・予想有配優先

権利確定日に自動的に返却されて、優待と配当金を受け取ることができます。

 

このように楽天証券の貸株サービスには3つのコースがあり、自分の好きなものを選ぶことができます。

  • 金利優先
  • 株主優待優先
  • 株主優待・予想有配優先

 

他の証券会社でも多少の違いはありますが、同じようなコースがあります。

金利は0.1~0.2%前後が多いのですが、銘柄や時期によっては1~2%と高くなることもあります。

 

貸株にする時の3つの注意点

貸株サービスは金利をもらえるというお得な部分もありますが、利用する前に気をつけたいことが3つあります。

 

①配当金相当額

配当金相当額は、配当金に代わって源泉徴収された額が証券口座に支払われます。

配当金の場合は税区分が配当所得となり、配当控除の対象となります。

 

ただ、配当金相当額の場合、税区分が雑所得か事業所得となり配当控除の対象とはなりません。

 

例えば、

人それぞれの状況によって異なりますが、配当金相当額が他の雑所得と合わせて20万円以上超えてしまうと、確定申告をする必要があります。

そのため、源泉徴収ありの口座で確定申告をする予定のない方は、配当金相当額にお気をつけ下さい。

 

②長期保有特典優待

継続して長期保有することによって株主優待の特典が得られる銘柄は、貸株サービスをする時に注意が必要です。

貸株することで、継続して保有していないと見なされる場合があります。

 

貸株サービスには、保有している株の「一部だけを貸出す」、「全部を貸出す」を自分で選ぶこともできます。

保有株数が100株などの最小株数の場合は、貸株サービスに貸出さないでおいたほうが長期特典の優待のためには安心です。

 

③記念優待

もう一つ気をつけたいことは、記念優待を出すことがある銘柄です。

頻度としては少ないのですが、記念優待の発表があった時に、すぐに貸株サービスの設定を変更して返却してもらう必要があります。

 

その時、貸株サービスで貸出したままにしていたら、記念優待がもらえなくなってしまいます。

保有株数が多ければ、一部だけの貸出にしておくと良いかもしれません。

 

終わりに

貸株に出す時は、以上のことを踏まえてコースを選ぶようにしてください。

ところで、皆さんは貸株サービスに貸出している株って売却できると思いますか?

売りたいと思った時に、貸株に出していて売れなかったら困りますよね。

 

でも、大丈夫でした。調べてみると貸株サービスに設定していても、自由に売ることができます。

これで、安心して貸株サービスを利用することができます。

初心者の方に向けた色々な資産運用方法やおすすめの株番組の紹介記事はこちら≫初心者でも分かる!投資信託とは?ETFとは?

 

-株式投資

error: Content is protected !!