読書

紙の本と電子書籍どちらがいい?読んでみて分かった電子書籍リーダーのメリットとデメリット

電子書籍

本は、紙派?電子書籍派?なんて話題になることがありませんか。

紙の本、電子書籍にはどちらにもメリットとデメリットがあります。

 

紙の本は昔からあるので、説明するまでもないのですが、電子書籍はまだ読んだことがない方も多いのではないでしょうか。

 

こちらの記事では、「紙の本と電子書籍ではどちらがいいのか」や、「電子書籍リーダーのメリットとデメリット」をご紹介します。

電子書籍に興味がある方は参考にしてください。

紙の本と電子書籍はどちらがいい?

本は、紙でも電子書籍でも基本的には好きな方で読むのが良いと思います。

ただ、両方をうまく使い分けることで、いろんな問題もクリアしていけるのではないでしょうか。

 

本は増えていくと場所を取ることになり、スペースも必要です。

電子書籍は本の形態によっては、読みづらくなってしまう本もあります。

 

なので、紙の本と電子書籍を状況によって使い分けていくことが一番良い方法ではないかと思います。

 

電子書籍は読みやすい?

電子書籍で一番気になるのは、読みやすさや疲れやすさではないでしょうか。

個人的な感想ですが、電子書籍リーダーを使うと思っていた以上に読みやすいです。

 

疲れやすさは、パソコンやスマホで読むよりも疲れにくいですが、長時間となるとやっぱり目の疲れは出てきます。

私は読むスピードも決して速くないのですが、それでもいつの間にか読み進んでいるといった感じになりました。

 

電子書籍リーダーは、読むこと専用に作られた端末なので、色々と工夫されているみたいです。

画面の明るさも選べるので、自分の読みやすいように調節もできます。

 

読むことに特化した電子書籍リーダー

私も数年前までは、

さくら
絶対、紙の本!

という感じでした。

 

電子書籍って読みづらそうだし、疲れやすそうでずっと読んでいられないんじゃないかとも思ってました。

 

でも、電子書籍を読んでいる人の感想を聞いていると、

Aさん

そんなに疲れないよ。

Bさん

意外と読みやすいよ。

という人が多かったんです。

 

それはなぜかというと、電子書籍リーダーを使って読んでいたからなんです。

私は試し読みでスマホやパソコンから読んでみたのですが、ずっと長くは読んでいられませんでした。

 

でも、電子書籍を読んでいる人の意見を聞いたら、

さくら
電子書籍リーダーだったら、もしかしたら読みやすい?

と思ってしまいました。

 

実際に電子書籍リーダーを使って読んでみると、今まで気づかなかったことも分かってきました。

 

私は「Kobo Libra H2O」という電子書籍リーダーを使っていますが、コンパクトで持ち運びがしやすいです。

ホワイトカラーも軽やかで、しかもスマホやパソコンで読むよりも楽に文字を追えています。

 

電子書籍リーダーのメリット

ここから先は電子書籍リーダーのメリットとデメリットをご紹介します。

 

私が使っている電子書籍リーダー「Kobo Libra H20」を例にして、メリットからご紹介します。

ココがメリット

  • コンパクトで場所を取らない
  • 1台で数千冊の本が持ち歩ける
  • 電子書籍を買ったらすぐに読める

 

コンパクトで場所を取らない

最初に電子書籍リーダーを持った時に思ったのは、

さくら
こんなに軽くて薄いんだ!

でした。

 

文庫本と比べてみると、幅の違いはありますが、かなりコンパクトです。

楽天Kobo

『かもめ食堂』©️群ようこ/幻冬舎

 

薄さもこのくらいなので、文庫本よりも厚みはないです。

楽天Kobo

 

1台で数千冊の本が持ち歩ける

電子書籍リーダーの種類によって保存できる量は違いますが、数千冊の本が1台の中に入ってしまいます。

 

Kobo Libra H2O」では、約8GBの保存ができます。

本は約6,000冊、漫画は約150冊も電子書籍リーダーの中に入れておくことができます。

 

電子書籍を買ったらすぐに読める

ネットで紙の本を買うと配達されるまでに待たなければなりませんが、電子書籍は買ったらすぐに読み始めることができます。

 

ネットで買っても次の日に届いたりするので、決して遅いわけではないのですが、それよりも遥かに電子書籍の方が速いです。

 

電子書籍リーダーのデメリット

ここからはデメリットをご紹介します。

ココがデメリット

  • 電子書籍特有の反転がある
  • 紙の本より記憶に残りづらいという研究結果
  • 電子書籍になっていない本がある

 

電子書籍特有の反転がある

電子書籍には、ページをめくる時に白黒反転というのがあります。

 

漫画の場合は、一瞬だけこのようになります。楽天Kobo

 

次のページになると元に戻ります。

楽天Kobo

『珈琲いかがでしょう』©️コナリミサト/マッグガーデン

 

文字だけの小説は全く気にならないのですが、普段から紙の漫画に慣れている方はどうでしょうか。

もちろん反転しない方がいいのですが、もしかしたらこれは人によって許容範囲が違ってくるかもしれませんね。

 

紙の本より記憶に残りづらいという研究結果

電子書籍は紙の本よりも記憶に残りづらいという研究結果があるそうです。

紙の本は、紙の質感や手でページをめくることで、記憶にも残りやすいそうです。

 

そのため、電子書籍で読んだ場合と比べてしまうと、覚えている内容が紙の本よりも少なくなってしまうとか・・・

ただ、本は読むだけでなくアウトプットすると、内容がより定着化しやすいと言われています。

 

本を読んで誰かに話したり、ブログやSNSで発信したりするのも良いと思います。

私も読書カテゴリーを作ってブログに書いたことで、自分の中でも本の内容が整理される気がしています。

 

電子書籍になっていない本がある

今は電子書籍化されている本が多いのですが、中には電子書籍になっていない本もあります。

著作権の問題などもあり、出版されている全ての本が電子書籍になるのは現状では難しいようです。

 

楽天Koboでは「電子書籍化リクエスト」というボタンもあるので、こちらを押しておくと電子書籍化につながるのではないかと思います。

どうしても早く読みたい本は、やっぱり紙の本と併用するのがおすすめです。

 

終わりに

電子書籍にはメリットとデメリットがありますが、それは紙の本にもあると思います。

手軽さの面でいったら、やっぱり電子書籍はおすすめだと思います。

 

私が電子書籍にしようとした理由は色々あるのですが、スペースの問題が一番大きかったです。

紙の本はどうしても置く場所が必要で、いつの間にか増えていってしまいます。

 

まとめて売るにしても、保管しておく場所も必要になります。

関連記事
本
ネットからの宅配買取はおすすめ!沢山ある本をお得に処分する方法

続きを見る

 

それに比べて、電子書籍は場所を取りません

 

電子書籍リーダーには数千冊もの本が保存できるので、そんなに本が入るとは思えないくらいの薄さです。

特にたくさん本を読む方は、電子書籍にした方が読書スピードもさらに上がっていくのではないでしょうか。

 

もちろん本によっては紙の方が読みやすい場合もあるので、その時は使い分けていくこともできます。

紙の本と電気書籍があることで、これからの読書スタイルも自由に選べるようになってきたのではないでしょうか。

関連記事
電子書籍
楽天Koboはおすすめ?自分に合った電子書籍や電子書籍リーダーの選び方

続きを見る

 

-読書

error: Content is protected !!