株式投資

株初心者でも安心!配当金の受取り方法でおすすめなのは?

お金

株を始めようと証券口座を開設したばかりだと、「配当金ってどうやって受け取るんだろう?」と思いませんか。

私も最初の頃はよく分からなかったのですが、配当金の受取方法は大きく分けて3つありました。

最初に選んでおくだけで、後は何も手続きしなくても配当金が入金されるので、おすすめの受取り方法をご紹介します。

配当金の受け取り方法について

配当金の受取方法は3つあり、この中から選ぶことができます。

配当金受取方法

  • 株式数比例配分方式(証券口座に入金)
  • 登録配当金受領口座方式(指定の銀行口座に入金)
  • 配当金領収証方式(郵便局などで受け取る)

 

結論から書いてしまうと、株式数比例配分方式を選ぶと証券口座に直接入金されるので、手間がかかりません。

それでは、それぞれの配当金の受取り方法について詳しくみていきます。

 

株式数比例配分方式

こちらを選んでおくと、証券口座に自動的に配当金が入金されていきます。

なので、配当金を銀行口座に移しかえたりする必要もないので、投資資金に使うこともできます。

 

注意点として、NISA口座で配当金を受け取る場合は、この株式数比例配分方式を選びます。

NISAでは売却益や配当金が非課税になるので、そのメリットを生かすためにもこちらの株式数比例配分方式を選んでおく必要があります。

 

登録配当金受領口座方式

こちらは、持っている全ての株の配当金が、指定した銀行口座に振り込まれます。

銀行口座を指定しておくと、いくつかの証券口座を持っていても、一ヶ所に配当金を集められるので管理しやすくなります。

 

配当金領収証方式

「配当金領収証」が送られてくるので、郵便局か指定の金融機関に行って配当金を受け取ります。

受け取りに行く金融機関によって多少違いがありますが、配当金領収証と印鑑、本人確認書類を持って受け取りに行きます。

 

複数の銘柄から配当金が入金される場合、何度も受け取りに行く必要があります。

あとでまとめて受け取りに行こうと思っていても、うっかり忘れてしまうこともあるかもしれません。

 

ただ、受け取りの期限が過ぎてしまったとしても、信託銀行か郵送で所定の手続きをすると、配当金を受け取ることができます。

 

おすすめの配当金の受け取り方法は?

お金・収入・収益

配当金の受取り方法として一般的なのは、株式数比例配分方式登録配当金受領口座方式になります。

一番おすすめなのは、やはり株式数比例配分方式になります。

 

NISA口座で配当金がある銘柄を持っている場合は、他の受取り方法を選んでしまうと非課税になるはずの税金分が引かれてしまうこともあるので注意が必要です。

 

逆に、NISA以外の口座で持っている銘柄に関しては、配当金にも税金がかかります。

配当金にかかる税金が引かれてから入金されると、確定申告の時に手間が省けるので、特定口座(源泉徴収あり)で株式数比例配分方式にしておくと便利です。

 

NISA口座は株式数比例配分方式

私の場合ですが、最初に配当金を受け取ったのは、郵便局で受け取る「配当金領収証方式」でした。

その時は、父の株を私の開設した証券口座に移行中でした。

 

そのため、振込み時期に間に合わなかったので、配当金領収証などを持って郵便局で受け取ることとなりました。

ネット証券で口座を開設してからは、銀行に振り込まれる「登録配当金受領口座方式」で受け取るようになりました。

 

私が配当金の受取り方法を変えることになったのは、NISA口座を開設してからでした。

あとからNISAを開設したのですが、確かこの時に「NISAは株式数比例配分方式でないと配当金が非課税にならない」ということを知りました。

 

NISAでも株を保有していたので、それを知った時は、慌てて受取り方法を変更した記憶があります。

配当金の振り込まれる前だったので、間に合って良かったのですが、もし変えなかったら非課税になるはずの配当金から税金分が引かれてしまっていたかもしれません。

 

配当金の受取り方法は、開設している証券口座からネット上で手続きができるので、書類を提出する必要もありませんでした。

複数の証券口座を持っていても、1つの口座から変更するだけで、他の口座も同じ配当金の受取り方法になります。

 

終わりに

以上になりますが、いかがだったでしょうか。

口座を開設したばかりだと、まだ配当金のことまで考えていない方も多いと思いますが、私のように慌てないためにも、前もって受取り方法を変えておくと良いと思います。

 

NISA口座を開設している方は、配当金も非課税で受け取るために、株式数比例配分方式を選んでおくことをおすすめします。

おすすめのネット証券についてはこちらもご覧ください≫【おすすめのネット証券】初心者にも使いやすい楽天証券のメリットと特徴

 

-株式投資

error: Content is protected !!