仕事

医療事務で働くには資格は必要?資格はどうすれば取れる?

勉強

医療事務の仕事に興味のある方は、資格が必要かどうか気になりませんか?

私自身は資格を取ってから、医療事務として働き始めましたが、実際の現場では資格を持っている人も持っていない人も一緒に働いていました。

今回は医療事務の仕事に資格が必要なのかや資格を取る場合はどうすれば取れるのかをご紹介します。

医療事務の資格に興味のある方は参考にして下さい。

資格は必ずしも必要とは限らない

最初に資格が必要かどうかをご説明していきたいと思います。

先程も少し書きましたが、私は資格を取ってから医療事務の仕事に就きました。

いざ職場で働いてみると、医療事務の資格を持っている人もいましたが、資格を持っていない人も働いていました。

それは、私が働いたことのある病院と薬局でも同じでした。

 

ただ、資格の有無は雇用側が求めている条件でも違ってきます。
派遣や契約といった雇用の場合は、資格が必要という所もあります。

私の経験では、資格がなくても医療事務として働くことはできると思いました。

 

資格が有利になることもある

医療事務の仕事をしたことがなくても、資格を持っていれば武器になることは確かです。

例えば、医療事務の経験のない人が、2人応募してきたとします。

採用枠は1人で、応募してきた人の年齢は同じくらいです。

  • Aさんは医療事務の資格を持っている
  • Bさんは医療事務の資格を持っていない

さて、採用者はAさんとBさんのどちらを採用したいと思うでしょうか?

 

・・・皆さんも分かりましたよね。

私が採用者側として考えた場合、資格を持っているAさんのほうを採用すると思います。

少しでも医療事務の知識があったほうが、仕事も覚えてもらいやすいと思うからです。

資格は絶対必要というわけではないのですが、あれば有利になることもあります。

 

医療事務の資格以外に必要なもの

資格がなくても働けると書きましたが、それではどんな人が医療事務の仕事に向いているのでしょうか。

私も働いてみて実際に思ったことでもあります。

資格以外に必要なもの

  • パソコン入力ができる
  • 接客対応ができる

この2つが、まず最初に必要になってくると思います。

求人募集を見ていると、未経験者OKでも「パソコン入力と接客対応ができる方」という条件で載っていることが多いです。

 

パソコンに全く触ったことがないという場合は、パソコンに慣れることが必要になります。

接客に関しては、患者さんやそのご家族と話す機会がほとんどなので、人と話すことが苦でない方のほうが向いていると思います。

医療事務は他にも、先生や看護師、病院のスタッフや薬剤師など、色々な人と話す機会があります。

ただ、余程の苦手意識がなければ、人と接しているうちにコミュニケーション能力も自然と上がっていくと私は思います。

 

また、数字を見たり電卓でも計算が苦手という方には向かないかもしれません。

知り合いの話ですが、親が医療事務の資格を取らせようと子どもに学校へ通わせたものの、途中で挫折してしまった・・・という人もいます。

その子は元々、計算が苦手で数字を見るのも嫌だったみたいです。
きっと人には向き不向きがあるんですよね。

 

資格を取る方法

医療事務の資格は、学校に通学して取る方法通信教育で取る方法があります。

資格を取れる学校で代表的な所は以下になります。

日本医療事務協会
ヒューマンアカデミー
ニチイ学館
大栄
ユーキャン

私はこの中のニチイ学館で資格を取りました。そのため、ニチイ学館を例にして資格を取る方法をご紹介します。

 

医療事務講座

こちらは通学コースになります。

通学コース

通学期間 3ヵ月
授業料91,850円(税込)
・午前クラス 週2回(平日)
・午後クラス  〃
・夜間クラス  〃
・全日クラス  週1回(土)

短期集中コース

通学期間 1.5ヵ月
短期クラス 週2回(土日)

 

こちらは通信コースになります。

通信コース

通信期間 3~4ヵ月
授業料 61,600円(税込)

 

こちらは医療事務と医科コンピュータのセットになった通学コースです。

通学セットコース

通学期間 3~4ヵ月
授業料147,248円(税込)
・午前クラス 週2回(平日)
・午後クラス  〃
・夜間クラス  〃
・全日クラス  週1回(土)

授業料はキャンペーンが行われていることもあり、料金が変更になっている場合もあります。

この他にも講座があるので詳しくはニチイ学館の公式サイト(https://www.e-nichii.net/koza/)をご覧下さい。

 

私は夜間クラスに週2回通い、2つの資格を取りました。

医療事務技能審査試験2級
(メディカル クラーク)
医事オペレータ技能認定試験2級
(メディカル オペレータ)

 

通学コースの雰囲気

次に、私の受けていた通学コースの様子をお伝えしようと思います。

授業を受けに来ている方の人数は12、3人くらいでした。
夜間というのもあると思いますが、こじんまりとした感じて授業を受けていました。

生徒さんも女性だけで、20代くらいから50代くらいの方まで、年齢層は幅広い感じです。

私のような学生らしき人やお子さんがいるという方も来ていました。

 

先生は1人の同じ先生が担当されていて、周りの生徒さん達はよく質問されていました。

私も分からないことを聞きにいっていました。

少人数だったせいか、聞きやすいという雰囲気もありました。

計算が紛らわしいところがあるので、すぐに質問できるのは良かったと思います。

これは通学コースのメリットかもしれません。

 

通いやすさは?

通いやすさですが、駅から近い所に通っていたので、不便ではありませんでした。

ニチイが駅近くの施設の教室や会議室みたいな場所を借りているという感じなので、通うのが大変だったという印象はなかったです。

 

私の場合ですが、大学4年生の時に通っていました。
4年生になると大学の授業も減ってくるので、アルバイトを掛け持ちしながら勉強をしていました。

夜間の通学は大学の講義がある日だったので、大学からそのまま医療事務の学校へ行っていました。

 

このように書いてしまうと、忙しそうに見えてしまいますが、びっしりと予定が入っていたわけではないので、それ程大変だったという記憶はありませんでした。

私のように学校に行きながらとかアルバイトをしながらでも通える範囲です。ただ、今はもう自分でも真似できないと思います・・・。

 

あと、夜間クラスは18時半から21時まででお腹が空く時間帯なので、お腹がぐ~ぐ~鳴りながら授業受けてました。
今考えると、何か買ってお腹に入れておけば良かった・・・。

私は夜間の通学で医療事務の資格を取り、その後さらに授業を受けて医事オペレータの資格も取りました。

 

医事オペレータの資格が取れる授業では、レセプトコンピュータの操作の仕方を勉強します。

こちらでは、患者登録や外来、入院の入力方法を詳しく教えてもらうことができます。

私の場合は医療事務と医科コンピュータのセットコースを受けたので、通学期間は4ヵ月くらいでした。

費用は、アルバイトで貯めていたお金を使いました。

 

医事用ソフトでの入力方法を知っておくと知識としてプラスにはなりますが、実際に職場で一から覚えていくので、絶対に必要な資格というわけではありません。

私が働き始めた時も、その職場でのパソコンの操作方法を教えてもらったので、オペレータの資格がなくても働くことはできます。

 

試験

授業を受けると、今度は試験を受けることになります。

試験は3つに分かれています。

試験

  • 学科試験
  • 実技試験1
  • 実技試験2

学科試験はテキストも見ることができるので、習ったことを勉強していれば、答えていくことができると思います。

実技試験1は患者さんへの対応の仕方を記述式で答えていきます。

実技試験2ではカルテを見ながら正確なレセプトを作成します。

 

試験の雰囲気はやっぱり緊張感があると思います。私も緊張しながら試験を受けました。

あまり考えていると時間がなくなってくるので、素早く正確に答えていく必要があります。

私は実技試験2のレセプト作成で、時間が足りなくなりそうで少し焦りました。

 

周りの人達もテキパキとこなしているように見えるので、その場の雰囲気にのまれず落ち着いて試験に挑むことも大切です。

医療事務の資格は民間資格なので、勉強したことを試験に生かせれば合格しやすいと思います。

試験は毎月行われているので、例え落ちたとしてもまた受けることができます。

 

終わりに

医療事務の資格はなくても働けますが、働きたいと思っている方は資格を持っていれば有利になります。

勉強すれば、誰でも資格を取ることができるので、あまり難しく考えなくてもいいと思います。(数字を見るのもイヤ、電卓で計算するのもダメという方は別にして・・・)

診療報酬が改正されることが多いので、私が資格を取った時とは多少の変更や違いがあるかもしれません。

それでも、通学だと約3ヵ月なので比較的短期間で資格を取ることはできると思います。

病院と薬局の仕事の違いについてはこちらも参考にしてください≫「経験してみて分かった病院と薬局の医療事務の仕事の違い

 

-仕事

error: Content is protected !!

© 2021 さく楽ろぐ