株式投資

IPOとは?当選確率を上げる方法

皆さんは、IPOというものを知っていますか?

株式投資には、色々な運用方法があります。

IPOは株式投資の中でもリスクが最も少ない投資方法で、初心者からベテランの方まで根強い人気があります。

今回は、IPOのことやどうしたら当選確率が上がるかについてご紹介します。

IPO(新規公開株)とは

IPOは、Initial Public Offeringの略で、新規公開株新規上場株という意味です。

IPOは一般的には、証券会社の抽選によって上場する前の株を買うことができます。

初値が上がりやすいという特徴もあり、上場日に売って利益を得ることができます。

 

私がIPOを教えてもらった時は、初めて聞く言葉で「IPOって何?」という感じでした。

聞いた話によると、IPOはとても人気が高く、申込みをしても抽選に当選することが難しいそうです。

 

運良く手に入れることができたIPO株は、上場日に初値で売ってもいいし、保有し続けて様子をみてから売ってもいいそうです。

私がIPO投資をしている方をみていると、初値がプラスでもマイナスでも売ってしまうと決めている方も多いように感じました。

当選することが難しそうですが、これだったら比較的リスクが少ない投資方法になります。

 

IPOの当選確率を上げる方法

IPOの当選確率を上げる方法は、結論から言ってしまうと複数の証券口座から申込みをすることです。

IPOは取扱い数の多い証券会社というのがあり、主幹事や副幹事をしている所も当選確率が上がりやすいそうです。

 

家族にも協力してもらって多くの口座を開設しておくと、1人で申込むよりも票数が増えることになります。

しかも家族の人数分、当選確率もUPします。ただ、こちらの方法はそれぞれの家庭環境が違うので、ご自分のできる範囲で良いと思います。

 

IPOの当選確率を少しでも上げるために、私もいくつかの証券口座を開設することにしました。

確かに多くの口座があれば、当選確率も高くなるかもしれません。

 

私の場合ですが、口座の管理や資金の分散といった面では、多くの口座を持つのは難しいような気がしました。

いくつかの口座に絞った方が効率が良さそうです。

 

そして、IPOの取扱い数と主幹事・副幹事というのも大きなポイントになります。

 

私は楽天証券の口座はすでに開設しているのですが、いざやってみようと思った時にIPOの取扱い数が少ないことや他にも気づいたことがありました。

他の証券会社では1回の参加申込みだけでいいのですが、楽天証券の場合、IPOの参加申込みと購入申込みをそれぞれ決まった期間に2回手続きをしなければなりません。

 

ただ、この申込み方法によって、2回目の申込みを忘れてしまう人もいるので、逆に当選の狙い目だったりもします。

楽天証券は、今後のIPOの取扱い数にも期待したいところです。

 

終わりに

IPOの当選確率を上げるためには先程ご紹介したように、IPOの取扱い数や主幹事や副幹事の多い証券会社を選ぶ必要があります。

当選している方も実際にいるので、諦めずに続けて参加することが鍵となってくるのかもしれません。

 

初めはIPOという言葉すら知らなかった私ですが、リスクの少ない投資は大歓迎なので、マイペースに参加しています。

IPOにおすすめの証券会社はこちらを参考にしてください≫IPOを始める方は必須の証券会社!SBI証券のメリットと特徴

 

-株式投資

error: Content is protected !!