株主優待

GMOペパボ(3633)の株主優待 ポイントやクーポン、手数料のキャッシュバックに使える

GMOペパボ

GMOペパボの優待はポイントやクーポン、GMOクリック証券の手数料に使える優待です。

こちらの優待は、普段GMOのサービスを利用している方にとってはお得に活用することができます。

今回はGMOペパボの優待をご紹介します。

GMOペパボについて

  • GMOペパボ株式会社
  • 証券コード 3633
  • 上場先 東証1部(2020年12月11日より東証2部から変更)
  • 情報・通信業

 

GMOペパボは、GMOインターネットのグループ会社の1つになります。

個人向けのインターネットサービスを提供しています。

 

インターネットを通して個人が発信できる場を身近に繋げて、それぞれの形で活躍できる場を広げています。

レンタルサーバーのロリポップやムームードメイン、ハンドメイドマーケットのminneなどの幅広いサービスを展開しています。

 

権利確定月と優待内容

  • 権利確定月 6月、12月

  • 優待内容
  1. ポイントとクーポンのプレゼント
    ・おさいぽ!ポイント
    ・GMOポイント
    ・minneクーポン
  2. GMOクリック証券の買付手数料のキャッシュバック
  3. GMOクリック証券の売買手数料のキャッシュバック
  • 保有株数
  1. ポイント・クーポン
    100株以上 1,500円相当
    200株以上 3,000円相当
  2. GMOクリック証券買付手数料キャッシュバック
    100株以上
  3. 売買手数料のキャッシュバック
    100株以上 上限1,500円相当
    200株以上 上限3,000円相当

 

配当

  • 権利確定月 12月

  • 100株 年間8,100円(税引前)

配当金は、期末配当が3月に入金されます。

GMOペパボ(3633)→現在の株価

 

届いた優待

優待の案内は9月の下旬に届きました。

受付は10月1日より、インターネットから申請できます。

GMOペパボ 2020年株主優待

 

申込みは、新規の場合「アカウント登録」を最初にします。

アカウント登録には株主番号が必要になり、登録すると優待の申請手続きができるようになります。

 

私はムームードメイン代に使いたかったので、「おさいぽ!ポイント」を発行しました。

初めての方は「おさいぽ!ID」を新しく取得してから優待ポイントの手続きに進みます。

 

ポイントが発行できたら、今度はムームードメインの支払いを「おさいぽ!決済」に変更します。

これで優待のポイントをドメイン代に使うことができるようになりました。

 

私は100株保有の1,500ポイントになるので、ドメイン代がいくらか足りないことになります。

なので、足りない分を支払うために「おさいぽ!」でオートチャージ設定をしました。

GMOペパボの優待は、初めて取得したというのもあり、IDの登録やドメインの支払い設定などで時間がかかってしまいました。

 

ムームードメインについては「ブログの初期費用と毎月の費用、ブログにはいくらかかる?」の記事の中で詳しく書いているので、興味のある方は覗いてみてください。

 

GMOペパボはGMOインターネットと同じくらいの時期に買えたのですが、思っていたよりも株価が上がったので現在は手放しています。

いくつかの含み損の株を売却して、保有銘柄を少し整理することができたので、また様子をみて買い戻せたらと思っています。

 

GMOインターネットの株主優待の紹介記事はこちら↓

GMOインターネット 2020年株主優待案内
GMOインターネット(9449)株主優待 ギフト券や自社グループの利用に使える

続きを見る

 

-株主優待

error: Content is protected !!

© 2021 さく楽ろぐ