ブログ運営

【AFFINGER6】初めてでも簡単にできるテーマのアップデート方法

ACTION

人気のテーマであるアフィンガー(AFFINGER)は、アフィンガー5から最新版の6へとアップデートされました。

テーマのアップデートとなると、つい後回しになってしまいませんか?

私もそうだったのですが、ついにアフィンガー6にアップデートしました。

一つずつ順番にやっていくと、思っていたほど難しいものではありませんでした。

こちらの記事では、テーマのアップデートが初めての方にも分かりやすいように、画像付きで解説します。

アフィンガー6にアップデートしていない方は、良かったら参考にしてください。

アップデート前に確認

アフィンガー(AFFINGER)は、今までのアフィンガー5(WING)からアフィンガー6(ACTION)になりました。

テーマをアップデートすることで、今までの設定が変わるので、最初に必ずバックアップを取るようにしてください。

アップデートする前に、確認しておくことがあります。

アップデート前の確認事項

  • 対応バージョン
  • カスタマイザーの設定
  • ウィジェットの位置や設定
  • 該当プラグインのアップデートと停止

対応バージョンの確認方法

アフィンガー6の対応バージョンを確認します。

《対応バージョン》
・WordPress 5.8
・PHP 7.3~7.4

こちらの対応バージョン以外だと、不具合が起こるかもしれないので確認しておきましょう。

WordPressのバージョン

WordPressは、管理画面のダッシュボードの「概要」から確認することができます。

WordPressのバージョン

※現在は、WordPress5.8にも対応しています。

もし概要がなかったら、右上にある「表示オプション」を開いて、「概要」にチェックを入れてみてください。

表示オプション
出典元 : WordPress

PHPのバージョン

PHPは、使っているレンタルサーバーで確認します。

こちらではConoHa WINGでの確認方法をご紹介します。

ログインしてから、サイト管理を開きます。

PHPバージョン

①「サイト管理」
   ↓
②「応用設定」
   ↓
③「PHP設定」をクリックします。

こちらでPHPバージョンが確認できます。

PHPバージョン

バージョンが7.3~7.4でない場合は、右横の鉛筆マークを押すと、バージョンを変更することができます。

PHPバージョン
出典元 : ConoHa WING

カスタマイザー、ウィジェットの設定を確認

カスタマイザーでは、アップデートすると管理画面にある「外観」の「カスタマイズ」の設定がリセットされます。

カスタマイズはすべて初期化されるので、画面をスクショしてメモ帳などに必要な所をコピーしておきます。

ウィジェットも位置や設定内容をスクショしておくと安心です。

こちらは変更することはないかもしれませんが、私は一応スクショを撮っておきました。

AFFINGER管理」の設定は、変更していた箇所がいくつかあったので、こちらもメモしておいた方が良いと思います。

大事だと思う所は、必要に応じてアップデート前に分かりやすい方法で残しておきましょう。

利用しているプラグインのアップデートと停止

利用しているプラグインは該当しているものがあれば、アップデートしたり、停止をする必要があります。

こちらのプラグインに関しては、STINGER STOREの購入ユーザー限定ページで確認できます。

停止するプラグインは、以下の2つになります。

  • コピーライト完全削除プラグイン
  • クレジット削除プラグイン

クレジット削除プラグインは、使っている方も多いと思います。

こちらのプラグインを入れなくても、テーマ名が表示されなくなったは、最新版のメリットの一つですよね。

アフィンガー6をダウンロード

事前に確認ができたら、アフィンガー6をダウンロードしていきます。

アフィンガー5を使っている方は、購入ユーザー限定ページから無料でダウンロードできます。

アフィンガーを初めて購入するという方は、こちらの記事を参考にしてください。

AFFINGER
おすすめテーマ!AFFINGER
【おすすめテーマ】アフィンガー(AFFINGER)の購入方法を分かりやすくご紹介

続きを見る

STINGER STOREでの登録

購入ユーザー限定ページを開くには、STINGER STOREでの登録が必要になります。

まだ登録していない方は、こちらから登録をしてください。

新規登録

アフィンガーをインフォトップ(infotop) で購入された方は、別に申請してからの登録となります。

「infotop購入ページ利用申請」から手続きをします。

infotop購入ページ利用申請
出典元 : STINGER STORE

手続きをする時にアフィンガーの注文IDが必要になります。

インフォトップにログインしてから「注文履歴 ダウンロード」を開きます。

注文履歴ダウンロード

注文履歴一覧が出てくるので、こちらの注文IDを入力します。

注文ID
出典元 : infotop

申請の承認には数日かかるとの記載がありますが、私が申請した時は1日くらいで登録できました。

アフィンガー6へアップデート

STINGER STOREでの登録ができたら、「購入ユーザー限定」ページをクリックしてログインします。

購入ユーザー限定

マイページにある「購入ユーザー限定ページ一覧」を開きます。

購入ユーザー限定ページ一覧

「AFFINGER6」を選びます。

AFFINGER6
出典元 : STINGER STORE

ページを開くと、アフィンガー6(ACTION)のマニュアルや注意点なども見ることができるので、一通り目を通しておきます。

それでは、ACTION(AFFINGER6版)をダウンロードします。

《ダウンロード》
・ACTION(AFFINGER6)
・子テーマ・ACTION(AFFINGER6)

アフィンガー6の親テーマ→子テーマの順番にダウンロードします。

ユーザー特典があれば、必要に応じて一緒にダウンロードします。

こちらの特典は時期によって内容が変更している場合があるので、ダウンロードする時に確認してください。

《ユーザー特典》
・Gutenbergプラグイン
・すごいもくじLITE
・STINGERタグ管理プラグイン4

WordPressにテーマをアップロード

ここからは、WordPressでのテーマのアップロード方法をご紹介します。

WordPressにログインして、「管理画面」を開きます。

WordPressにアップロード

ダッシュボードの「外観」
  ↓
「テーマ」
  ↓
「新規追加」をクリックします。

テーマの新規追加

「テーマのアップロード」をクリックします。

テーマのアップロード

すぐ下にある「ファイルの選択」から「affinger.zip」を選びます。

そして、右横にある「今すぐインストール」を押します。

今すぐインストール

これで親テーマのインストールが完了しました。

親テーマのインストール

次に、子テーマも同じようにインストールします。

「ファイルの選択」から「affinger-child.zip」を選び、「今すぐインストール」を押します。

子テーマのインストール

インストールできたら、こちらの子テーマの方を有効化します。

子テーマのインストールと有効化

これで、アフィンガー6が使えるようになります。

ACTION
出典元 : WordPress

インストール後の初期設定

アフィンガー6をインストールしたら、初期設定を行います。

初期設定

ダッシュボードの「AFFINGER管理」を開き、「save」をクリックします。

save

次に、同じ管理画面にある「設定」の「パーマリンク」を開き、そのまま「変更を保存」をクリックします。

変更を保存
出典元 : WordPress

キャッシュの削除

インストール後の変更が上手く表示されない場合があるため、キャッシュの削除をします。

ここからは、キャッシュの削除方法を順番にご説明します。

ブラウザのキャッシュ

こちらはWindowsでのキャッシュの削除方法になります。

ブラウザはそれぞれ使っているものが違うと思うので、いつも利用しているブラウザの履歴から削除してください。

ブラウザを開いてから、右上にあるその他のアイコン「・・・」を左クリックして「履歴」を開きます。

履歴

その他のアイコン「・・・」をクリックして、「閲覧データをクリア」を開きます。

閲覧データクリア

期間を選び、該当するところにチェックを入れてから、「今すぐクリア」を押します。

今すぐクリア

これで、ブラウザのキャッシュが削除できました。

サーバーのキャッシュ

次に、サーバーのキャッシュを削除します。

レンタルサーバーも、使っているサーバーによってキャッシュの削除方法が違うので、それぞれに当てはまる方法で削除を行ってください。

こちらでは、ConoHa WINGのキャッシュの削除方法をご紹介します。

サーバーにログインして、「サイト管理」を開きます。

コンテンツキャッシュ

①サイト設定
  ↓
②応用設定
  ↓
③コンテンツキャッシュ
  ↓
④キャッシュクリアの「クリア」

④の「クリア」を押すと、キャッシュデータが削除されます。

コンテンツキャッシュ

注意点として、コンテンツキャッシュの利用設定をONにしていると、古いデータが表示されることがあります。

右横にある鉛筆アイコンを押すとONやOFFなどが選べるので、カスタマイズ設定をしている時はOFFにしておきます。

利用設定

ONにするとページの表示速度が速くなるため、カスタマイズが終わったらONに戻します。

そのすぐ下にある「ブラウザキャッシュ」もコンテンツキャッシュと同様に設定が終わったらONに変更します。

ブラウザのキャッシュ

ConoHa WINGには、「自動キャッシュクリアプラグイン」というものもあります。

こちらのプラグインは、「サイト管理」の一番下に表示されているので、「インストール」を押すと利用することができます。

自動キャッシュクリアプラグイン
出典元 : ConoHa WING

WordPressのキャッシュ削除には、「WP Fastest Cache」などのプラグインがよく使われています。

ConoHa WINGにはキャッシュクリアプラグインがあるので、同じような機能のある別のプラグインを入れる必要はありません。

他のプラグインを入れる場合は不具合が出てくることもあるので、使う場合は注意してみてください。

終わりに

以上がアフィンガー5から6にアップデートする方法でした。

アップデートをすると、カスタマイズの設定が全てリセットされます。

そのため、大事な所をスクショやメモ帳などにコピペしておくと、あとで設定し直す時に役立つと思います。

アップデートは順番通りに進めれば簡単にできると思います。

ただ、その前の準備やその後の設定やリライトが必要になってきます。

それでも、最新版には今までのバージョンにはないメリットも沢山あります。

ブロックエディタに切り替える良い機会にもなると思います。

ACTION

-ブログ運営

error: Content is protected !!